一般歯科 - もず駅前わたなべ歯科

もず駅前わたなべ歯科

  • 〒591-8036 大阪府堺市北区百舌鳥本町1丁目1-4 Signet百舌鳥101
  • Tel.072-255-1100
誰でも簡単WEB予約 保険外診療の無料相談

一般歯科

Medical

もず駅前わたなべ歯科

MENU

一般歯科General dentistry

一般歯科

一般歯科

一度もむし歯になった事のない方は少ないのではないでしょうか。
一定以上の大きさまで進行したむし歯や、欠けてしまった歯はそのまま放っておくと痛みや不正咬合の原因となってしまいます。
こうした原因から歯質が失われてしまった範囲を樹脂や金属などで補っていくのが一般歯科です。
ここでは堺市、百舌鳥駅の歯医者「もず駅前わたなべ歯科」がむし歯について説明していきます。

むし歯の原因

むし歯は、食事をした際に残った糖分をもとに口腔内の細菌(プラーク)が酸を作り出し、この酸が歯を溶かします。
人の唾液には、酸を中性にしたり、溶かされた歯を修復したりする働きがありますが、一度むし歯になってしまうと修復が間に合わず、進行してしまいます。

むし歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。
1.歯質
歯質は一人ひとり異なります。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、唾液の分泌を促進するためによく噛むことが大切です。
2.細菌
むし歯菌が出す酸で歯が溶かされるのがむし歯です。歯磨きでむし歯菌を減らすことが大切です。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることが大切です。

むし歯はこうして進行します

初期のむし歯
C1初期のむし歯

歯の表面のエナメル質が、わずかに溶けている状態。まだ痛みもなく、定期検診で見つけることができた場合、早期に対応できます。適切な歯磨きやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば、治癒できるケースもあります。

歯の内部まで進行したむし歯
C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで溶解が進んだ状態。「冷たいものがしみる」といった症状で気づくことがあります。むし歯に冒された部分の歯を削り、削った大きさに合わせて詰め物や被せ物で治します。

神経まで進行したむし歯
C3神経まで進行したむし歯

むし歯が、歯の内側の神経まで達した状態。「冷たいものがしみる」「噛んだとき痛む」といった症状が加わり、後に激しい痛みに変わります。神経を取り除く治療を行い、被せ物で治します。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の根(歯質)が失われた歯

歯冠部分がほとんど溶けてなくなり、むし歯が歯根まで到達した状態。神経が死んで一旦痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まることで、再び激しい痛みが生じます。抜歯を行い、抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯で噛む機能を回復させます。